役立ち情報ナビ

役立つ情報たくさんあります!

葬式、通夜、告別式の違い

      2016/09/18

葬式と通夜、告別式の違いについて迷ったり悩んだりしたことがある方も多いのではないでしょうか?
それぞれにマナーやしきたりがあるのか、いったいどんな違いがあるのかと考えたことのある方もいるでしょう。

そこで、ここでは葬式や通夜、告別式の違いについて調べてみましたからぜひ参考にしてください。

スポンサードリンク



通夜とは


葬式、通夜、告別式の違い|役立ち情報ナビ

お通夜とは、葬儀の前日に身内や故人と親しかった人が集まり別れを惜しむ儀式の一つです。
葬儀の前日に行うという部分がポイントです。

しかし、近年では葬儀や告別式に出席できない方がお別れをするための場となっていることが多い傾向にあります。
なぜ通夜を行うのかということですが、これは故人の肉体に邪気が入り込まないようにするためだと言われています。
邪気が入らないように身内や友人などが夜を徹して同じ空間で過ごすのです。

しかし、やはりこれも近年では1~2時間程度の半通夜が増えています。

葬儀と告別式の違いとは


現世からあの世へ死者を送るための儀式がお葬式と呼ばれるものです。
お葬式では遺族をはじめ、友人や知人、職場の人などさまざまな方が訪れ故人の冥福を祈ります。
葬式では主に受戒と引導という2つの儀式が行われます。

一方の告別式ですが、これは弔問客全員が焼香して故人との最後の別れを惜しむ儀式と言われています。

古くはそれぞれが独立して行われていましたが、現在では葬式と告別式を一緒に行うことが多くなっています。

スポンサードリンク



服装についてのマナーの違い


葬式と通夜、告別式ではそれぞれ違った格好をしなくてはいけないのか、という疑問を持つ方も少なくないでしょう。
通夜の場合は「取り急ぎ駆けつける」という意味合いも強いため地味な平服で参加しても特に何の問題もありません。
一般常識の範囲内の格好ならそこまで気にする必要もないでしょう。

葬式、告別式に参列するときには基本的に喪服を着用します。
しかし、それほど親しい間柄でない場合には黒を基調とした平服でも良いと言われています。

ただし、黒でも光沢や艶のある服装はタブーとなっていますから注意しましょう。

まとめ


葬式と通夜、告別式はとても似ていますから分かりにくいですよね。
基本的には通夜は葬儀の前日に行うもの、葬儀と告別式は故人を送りだすための儀式だと覚えておくと良いかもしれません。

お葬式やお通夜などは地域によってもマナーやしきたりが多少違うみたいですから、そこだけは注意した方がイイですね。

ぜひ覚えておいてください。

スポンサードリンク

 - 生活

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

白菜
冬野菜の種類や特徴は?

スポンサーリンク 野菜は旬のものをいただくのが、栄養的に良いですよね。 そして、 …

ノリと接着剤は何が違うのか|役立ち情報ナビ
ノリと接着剤は何が違うのか

ノリと接着剤というものは、日常生活はもちろん、図画工作などにおける様々なシーンに …

ふるさと納税
ふるさと納税期限はいつまで?

スポンサーリンク ふるさと納税の人気が出てきていますね。 自分の好きな地方自治体 …

明善高校の午睡。昼寝で進学実績アップ|役立ち情報ナビ
明善高校の午睡。昼寝で進学実績アップ

福岡県にある進学校、明善高校をご存知でしょうか? この明善高校は昼寝を取り入れる …

防災グッズに備蓄用トイレットペーパーを準備しよう|役立ち情報ナビ
防災グッズに備蓄用トイレットペーパーを準備しよう

防災の日とは?|役立ち情報ナビでお伝えした通り、日本には様々な自然災害が襲ってき …

くずきりとマロニーの違い|役立ち情報ナビ
くずきりとマロニーの違い

くずきりとマロニーの違いで頭を悩ませたことのある方も多いのではないでしょうか? …

道路交通法改正で自転車の傘さし運転が罰則対象。レインコートを|役立ち情報ナビ
道路交通法改正で自転車の傘さし運転が罰則対象。レインコートを

雨が降る日に自転車で外出するのはイヤなものですよね。 濡れないために傘をさして運 …

静電気除去方法|役立ち情報ナビ
静電気除去の方法

スポンサードリンク 静電気は、本当に嫌なものです。 静電気の除去ができれば、毎回 …

お風呂のカビ対策に効果的な方法とは?|役立ち情報ナビ
お風呂のカビ対策に効果的な方法とは?

お風呂のカビ対策には湿気を取るのが一番、と一般的に言われていますが、マメに掃除す …

交通安全
自転車でイヤホンをつけるのはダメ?改正道路交通法

自転車を運転するときにイヤホンを耳に装着して音楽を聴いている方はたくさんいますよ …