役立ち情報ナビ

役立つ情報たくさんあります!

読書の秋といわれる理由について

   

秋になったら色々とやりたくなると思いますが、こうした時期にこそぜひとも本を読みたいものですね。
秋は季節柄、読書の秋と呼ばれます。
これは昔からよく聞かれる言葉でもありますし、今でもよく言われる言葉ではありますが、実はこのように呼ばれることについてはきちんとしたわけがあったのです。

では、何故に読書の秋と呼ばれるようになったかについて紹介します。

スポンサードリンク



読書の秋と言われる理由


読書の秋といわれる理由について|役立ち情報ナビ

まず一つ言われるのが、唐の詩人である韓愈の詩から由来していると言われています。
「燈火親しむべし」という一説があるのですが、これは、秋になると涼しさが気持ちよく感じられるようになり、燈火の下で読書をすることにはちょうどよくなる季節であると言う意味です。
こうした詩からも言えるように、秋は読書に適して季節であると言われるようになり、読書の秋と呼ばれる一つの由来となっているのです。
唐の時代と言えば、ずいぶんと昔の話ですが、そんな時代からすでに読書の秋と呼ばれるようになっていたと言うのは面白い話ではないでしょうか。

そういった古来からの話以外にも、読書するのには適した気温があり、それが秋の気温にあっていると言われるところがあります。
勉強をするとき、ビジネス関係の本を読むときの最適な気温としては、大体18度が適温とされています。
そして、更に言うと、頭の方は15度、脚の方は20度くらいが適温となっています。
頭と足での温度差が必要な理由としては、温度差によって刺激ができることでミスをしなくなるからです。
こうした勉強や読書にとって、暑すぎることもなく、寒すぎることもなく、最適な温度にしやすい秋という季節は、読書の秋とされるわけなのです。

何故読書の秋かと言われたとき、色々な理由を考えることもあると思いますが、この辺りが最適な理由だと言えるでしょう。

まとめ


いかがだったでしょうか?
秋の気温は頭を使うには最適なものだということでした。

秋に読書すると頭が働いて、いつもより難しい本も読めるかもしれませんよ。
是非チャレンジしてみてください。

スポンサードリンク

 - 雑学

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

塩大福
塩大福とは

塩大福の歴史 塩大福というのは、元々江戸時代の初期に、でてきたうずら持ちを177 …

白峯神宮
京都にある蹴鞠の神社は?

スポンサーリンク 平安時代に貴族の間で広まった遊びである蹴鞠。 この蹴鞠が祀られ …

書き初め
書き初めとは?Web書道も人気

スポンサーリンク お正月になると書き初めを目にすることは多いのではないでしょうか …

すき焼き
すき焼き関東と関西の違い

スポンサーリンク 冬になるとよく食べるすき焼きですが、関東と関西では味付けと調理 …

どうして食欲の秋と呼ばれるの?|役立ち情報ナビ
どうして食欲の秋と呼ばれるの?

何でもおいしいから、食事の量もついつい増えてしまうこともあるでしょう。 こうした …

カメムシ
カメムシは自分の臭いで気絶する

カメムシの臭いって強烈ですよね。 先日、自分はカメムシを意図せず触ってしまい、手 …

花火の種類:割物
打ち上げ花火の種類名前 割物・ぽか物・半割物

スポンサーリンク 打ち上げ花火を見に行くと、実にいろいろな種類の花火で私達を楽し …

コウノトリが赤ちゃんを運んでくるとはどういうことか|役立ち情報ナビ
コウノトリが赤ちゃんを運んでくるとはどういうことか

子供がたまに聞いてくることがあると思います。赤ちゃんはどうやってできるのかという …

縁日とは?|役立ち情報ナビ
縁日とは?

浴衣を着て縁日に行ったことがあるという方は多いはずです。 夏の風物詩の一つとして …

喫茶店とカフェの違い|役立ち情報ナビ
喫茶店とカフェの違い

皆さんは「喫茶店」と「カフェ」の違いで迷ったことはありませんか? なんとなくのイ …