役立ち情報ナビ

役立つ情報たくさんあります!

赤ちゃん用の歯ブラシの選び方

      2016/09/18

赤ちゃんは自分で歯磨きすることができませんから、お母さんが代わりにやってあげないといけませんよね。
しかし、赤ちゃんのお口の中はとてもデリケートですから、オトナと同じ歯ブラシを使うわけにはいきません。

そこで、ここでは赤ちゃんのブラッシングに適している歯ブラシの選び方についてご紹介しましょう。

スポンサードリンク


ヘッドの小さなタイプ


赤ちゃん用の歯ブラシの選び方|役立ち情報ナビ

当然のことながら赤ちゃんはお口も小さいですし、口腔内も大人ほど広くありません。
そのため、なるべくヘッドの小さなタイプを選ぶことが大切です。
大人用の歯ブラシだとヘッドが大きいですから、磨いているときにいろいろなところにあたってしまうこともあるのです。

ヘッドが小さ目のものなら細かいところまで届くため歯磨きしやすいというメリットもあります。
赤ちゃんは免疫も弱いですからなるべくお口の中もキレイにしてあげたいもの。
隅々まで歯磨きできるヘッドの小さなタイプがオススメです。

ブラシの毛が柔らかいもの


大人用の歯ブラシだとブラシ部分が固いですから、赤ちゃんの歯磨きには適していません。
固いと赤ちゃんが嫌がってしまいますし、歯茎などを傷つけてしまう可能性もあります。
まだまだお口の中がデリケートですから、ちょっとした刺激でも傷ついてしまうことがあるため注意しなくてはなりません。

なるべくブラシの毛が柔らかくできている品を選ぶと良いでしょう。
現在市販されている赤ちゃん用の歯ブラシは柔らかいタイプがほとんどですが、製品によってやや硬さは異なりますからいくつか試してみるのもイイですね。

スポンサードリンク

握りやすいもの


赤ちゃんが自分で歯磨きできるようになったら、なるべく握りやすいグリップのものを選んであげることが大切です。
握りにくいものだと歯磨きをすること自体嫌がるようになってしまいますし、上手にブラッシングできていないこともあります

赤ちゃんが持ちやすいよう工夫された製品も現在では数多く販売されていますから、そうした品を選ぶようにしましょう。
あまりにも歯磨きを嫌がったり、すぎに止めてしまうような場合には持ちやすさ、握りやすさに注目してみるとイイかもしれません。

まとめ


ヘッドが小さくて柔らかく、持ちやすい歯ブラシを選ぶと間違いなさそうですね。
大人なら自分で歯ブラシを選ぶことができますが、赤ちゃんだとそれはできませんからしっかり親が選んであげましょう。

歯医者さんで歯科医師に相談すると選び方や良い製品を教えてくれるかもしれませんね。

スポンサードリンク

 - 生活

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

雪道歩き方
【動画】雪道の滑らない転ばない歩き方そのコツとは

スポンサーリンク 冬になって雪が積もると、歩き方に慣れていないと転んでしまったり …

葬式、通夜、告別式の違い|役立ち情報ナビ
葬式、通夜、告別式の違い

葬式と通夜、告別式の違いについて迷ったり悩んだりしたことがある方も多いのではない …

害虫駆除業者
害虫駆除は自分でやるより専門業者に依頼しよう!

人が住む場所には、虫や動物も同じように住んでいることがあります。 例えば、シロア …

静電気除去方法|役立ち情報ナビ
静電気除去の方法

スポンサードリンク 静電気は、本当に嫌なものです。 静電気の除去ができれば、毎回 …

日傘を使用する男性が増加中|役立ち情報ナビ
日傘を使用する男性が増加中

夏場の暑い日に日傘をさして移動する女性は少なくありません。 しかし、近年では男性 …

駐車場での当て逃げ/役立ち情報ナビ
駐車場で当て逃げにあったら

車を止める駐車場。 止めているから駐車場は安全かというと、そうでもありません。 …

ふるさと納税
ふるさと納税期限はいつまで?

スポンサーリンク ふるさと納税の人気が出てきていますね。 自分の好きな地方自治体 …

明善高校の午睡。昼寝で進学実績アップ|役立ち情報ナビ
明善高校の午睡。昼寝で進学実績アップ

福岡県にある進学校、明善高校をご存知でしょうか? この明善高校は昼寝を取り入れる …

深い睡眠をとるために知っておきたいこと|役立ち情報ナビ
深い睡眠をとるために知っておきたいこと

疲れをとるためには睡眠を深くとることが大切です。 ここでは、睡眠を深くとるために …

歯ブラシの交換タイミングは?|役立ち情報ナビ
歯ブラシの交換タイミングは?

毎日のブラッシングに必要となる歯ブラシですが、交換時期について悩んでいる方も多い …