役立ち情報ナビ

役立つ情報たくさんあります!

赤ちゃん用の歯ブラシの選び方

      2016/09/18

赤ちゃんは自分で歯磨きすることができませんから、お母さんが代わりにやってあげないといけませんよね。
しかし、赤ちゃんのお口の中はとてもデリケートですから、オトナと同じ歯ブラシを使うわけにはいきません。

そこで、ここでは赤ちゃんのブラッシングに適している歯ブラシの選び方についてご紹介しましょう。

スポンサードリンク


ヘッドの小さなタイプ


赤ちゃん用の歯ブラシの選び方|役立ち情報ナビ

当然のことながら赤ちゃんはお口も小さいですし、口腔内も大人ほど広くありません。
そのため、なるべくヘッドの小さなタイプを選ぶことが大切です。
大人用の歯ブラシだとヘッドが大きいですから、磨いているときにいろいろなところにあたってしまうこともあるのです。

ヘッドが小さ目のものなら細かいところまで届くため歯磨きしやすいというメリットもあります。
赤ちゃんは免疫も弱いですからなるべくお口の中もキレイにしてあげたいもの。
隅々まで歯磨きできるヘッドの小さなタイプがオススメです。

ブラシの毛が柔らかいもの


大人用の歯ブラシだとブラシ部分が固いですから、赤ちゃんの歯磨きには適していません。
固いと赤ちゃんが嫌がってしまいますし、歯茎などを傷つけてしまう可能性もあります。
まだまだお口の中がデリケートですから、ちょっとした刺激でも傷ついてしまうことがあるため注意しなくてはなりません。

なるべくブラシの毛が柔らかくできている品を選ぶと良いでしょう。
現在市販されている赤ちゃん用の歯ブラシは柔らかいタイプがほとんどですが、製品によってやや硬さは異なりますからいくつか試してみるのもイイですね。

スポンサードリンク

握りやすいもの


赤ちゃんが自分で歯磨きできるようになったら、なるべく握りやすいグリップのものを選んであげることが大切です。
握りにくいものだと歯磨きをすること自体嫌がるようになってしまいますし、上手にブラッシングできていないこともあります

赤ちゃんが持ちやすいよう工夫された製品も現在では数多く販売されていますから、そうした品を選ぶようにしましょう。
あまりにも歯磨きを嫌がったり、すぎに止めてしまうような場合には持ちやすさ、握りやすさに注目してみるとイイかもしれません。

まとめ


ヘッドが小さくて柔らかく、持ちやすい歯ブラシを選ぶと間違いなさそうですね。
大人なら自分で歯ブラシを選ぶことができますが、赤ちゃんだとそれはできませんからしっかり親が選んであげましょう。

歯医者さんで歯科医師に相談すると選び方や良い製品を教えてくれるかもしれませんね。

スポンサードリンク

 - 生活

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

食中毒予防|役立ち情報ナビ
食中毒の予防

たまにニュースで、学校などで集団食中毒が起こった事件が流れますよね。 皆、気をつ …

葬式、通夜、告別式の違い|役立ち情報ナビ
葬式、通夜、告別式の違い

葬式と通夜、告別式の違いについて迷ったり悩んだりしたことがある方も多いのではない …

お風呂のカビ対策に効果的な方法とは?|役立ち情報ナビ
お風呂のカビ対策に効果的な方法とは?

お風呂のカビ対策には湿気を取るのが一番、と一般的に言われていますが、マメに掃除す …

そうめん
そうめんと冷や麦の違い

暑い夏には必ずと言って良いほどお世話になるそうめんや冷や麦。 先日、例年の夏同様 …

日傘を使用する男性が増加中|役立ち情報ナビ
日傘を使用する男性が増加中

夏場の暑い日に日傘をさして移動する女性は少なくありません。 しかし、近年では男性 …

くずきりとマロニーの違い|役立ち情報ナビ
くずきりとマロニーの違い

くずきりとマロニーの違いで頭を悩ませたことのある方も多いのではないでしょうか? …

交通安全
自転車でイヤホンをつけるのはダメ?改正道路交通法

自転車を運転するときにイヤホンを耳に装着して音楽を聴いている方はたくさんいますよ …

道路交通法改正で自転車の傘さし運転が罰則対象。レインコートを|役立ち情報ナビ
道路交通法改正で自転車の傘さし運転が罰則対象。レインコートを

雨が降る日に自転車で外出するのはイヤなものですよね。 濡れないために傘をさして運 …

残暑の時期と残暑見舞いのマナー|役立ち情報ナビ
残暑の時期と残暑見舞いのマナー

残暑見舞いなどもあることから、残暑という言葉を耳にしたことがないという方はいない …

深い睡眠をとるために知っておきたいこと|役立ち情報ナビ
深い睡眠をとるために知っておきたいこと

疲れをとるためには睡眠を深くとることが大切です。 ここでは、睡眠を深くとるために …