役立ち情報ナビ

役立つ情報たくさんあります!

ハトが平和の象徴と呼ばれるのは何故か

      2016/09/18

ハトは平和のシンボルと呼ばれる存在です。
そして、平和のシンボルとして用いられている存在でもあります。
これは昔から言われていることですが、どうしてそのように言われているのでしょうか。
人間の心像としてハトが相応しいとされていますが、場所によっては牛や豚が平和と結びつきがあるところがあるくらいです。

スポンサードリンク



ハトと平和の結びつき


ハトが平和の象徴と呼ばれるのは何故か|役立ち情報ナビ

旧約聖書に書かれているノアの方舟のお話についてお聞きになったことがある方は多いのではないでしょうか?
ハトと平和の結びつきは、そのノアの方舟の話に由来するのです。

紀元前2,370年、大洪水を避けるために、ノアは方舟を建造します。
それはとても大きな木造建造物であり、文字通り方舟と呼ぶに相応しい存在でした。
方舟の完成と共に、動物たちをつがいで2匹ずつ入れて、1年間分の食料を収納しています。
大雨が降り続き、大地を覆い尽くしたのち、ノアはどの程度水が地表から引いているのかを知るために、1羽のハトを放しています。
ですが、その時にはハトは地表から水がひいているのを確認できませんでした。

後にノアは再びハトを放したのですが、その時にハトはオリーブの葉をくわえて帰ってきました。
このことにより、ついに水が地表から引いたことを知ったわけです。

ハトがくわえて帰ってきたオリーブの葉を見て、ノアは陸地に下船できる希望を持つことになるわけです。
こうしたことから、ハト(とオリーブ)は平和の象徴として世界各地にて平和に生活できる希望を与えるシンボルとなったわけです。

現在ではハトは平和のほかにも希望、真実、真理、知恵、英知、復活、再生、純朴、正直などと言った様々なものの象徴として使われています。

スポンサードリンク


まとめ


ハトは公園などに行くとたくさんいるものです。
中には人の餌付けに慣れているものもいて、何もしなくても近寄ってくる、またはあまり逃げないものもいて、とてもかわいいものです。

そんな身近なハトが平和の象徴とされるようになったのは、ノアの大洪水という古の大事件で人間に「世界に平穏が訪れた」ことを知らせてくれ、希望を与えてくれたからだったのですね。

これまでハトがやって来たら、家がフンで汚れるといったことを言っている人も、もしかしたらこれからちょっとハトをかわいがってあげるのもいいかもしれませんね。

スポンサードリンク

 - 雑学

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

狐の嫁入り|役立ち情報ナビ
狐の嫁入り

皆さんは「狐の嫁入り」をご存じでしょうか? これは、日本の田舎などに言い伝えられ …

塩大福
塩大福とは

塩大福の歴史 塩大福というのは、元々江戸時代の初期に、でてきたうずら持ちを177 …

湯葉の作り方|役立ち情報ナビ
湯葉の作り方

皆さんは湯葉はお好きでしょうか? 湯葉は、ご存じの方も多いと思いますが、豆乳を温 …

境内という言葉が持つ意味とは|役立ち情報ナビ
境内という言葉が持つ意味とは

子供のころには良く神社やお寺などに遊びに行った人も多いと思います。 その時、何も …

秋分の日とは|役立ち情報ナビ
秋分の日とは

秋分の日は一般的に良く知られている祝日ですが、これは違う日もあるというのはご存知 …

すき焼き
すき焼き関東と関西の違い

スポンサーリンク 冬になるとよく食べるすき焼きですが、関東と関西では味付けと調理 …

縁日とは?|役立ち情報ナビ
縁日とは?

浴衣を着て縁日に行ったことがあるという方は多いはずです。 夏の風物詩の一つとして …

民家|役立ち情報ナビ
民泊とは?トラブルや問題点も

スポンサーリンク 近年、宿泊施設の不足に伴い、民泊が規制緩和される動きになってき …

松葉ガニと越前ガニの違い|役立ち情報ナビ
松葉ガニと越前ガニの違い

日本でもかにはいろいろと食べられていますが、その中でもズワイガニは場所によって呼 …

書き初め
書き初めとは?Web書道も人気

スポンサーリンク お正月になると書き初めを目にすることは多いのではないでしょうか …