役立ち情報ナビ

役立つ情報たくさんあります!

コウノトリが赤ちゃんを運んでくるとはどういうことか

   

子供がたまに聞いてくることがあると思います。赤ちゃんはどうやってできるのかということを。
もしもこうした質問をされたときにはどのような受け答えをするべきでしょう。
大体思いつくのが、コウノトリは赤ちゃんが運んでくるというものです。実際、どうしてコウノトリが赤ちゃんを運んでくるというところはあります。
このように言われるようになったのは、果たしてどのようなことが理由なのでしょうか。

コウノトリが赤ちゃんを運んでくるとは


コウノトリが赤ちゃんを運んでくるとはどういうことか|役立ち情報ナビ

日本では、内親王誕生を待ちわびているマスコミに対して、皇太子が、コウノトリの機嫌が悪いと言っていたそうです。
実際、この言葉は日本人の生活の中にも良く知られているところなのですが、実は世界的に認知されているところがあるのです。
特に、西洋においてはコウノトリは赤ちゃんを運んでくる鳥として有名なところはあるのです。

しかし、実際には西洋では赤ちゃんを運ぶ鳥はシュバシコウという種類の鳥です。
これは、西洋の迷信が間違って伝わったものであるとされています。
日本でコウノトリと呼ばれているのは、幸の鳥とも読めるからだとも言われています。

シュバシコウが赤ちゃんを運んでくると言われているのは、ドイツからきているもので、子供ができない夫婦の家の屋根にある煙突にシュバシコウが巣を作り始めたわけですが、さすがに始末するのはかわいそうということで、その夫婦は煙突を使わないように心配りをしたと言います。
そして、そのおかげかシュバシコウは煙突に巣を作ることができましたし、卵を温めることができたことから、見事にひなが孵ったというわけです。
すると、子どもができないと悩んでいた夫婦の間に、子供ができたというではないですか。
そうしたことから、シュバシコウが赤ちゃんを運んでくるという伝説が生まれたと言われています。

まとめ


スポンサードリンク



要は、元々はシュバシコウが子供を授けてくれるというところから始まったのが、日本でコウノトリと間違って伝わってしまったというわけですね。
この辺りが今では認知されているところだとしたら、とても興味深い話です。
ただ、今から赤ちゃんを運んでくるのはコウノトリではありませんでした、というわけにはいかないのでしょう。
色々と言われているところはありますが、コウノトリが赤ちゃんを運んでくるというのは、ある意味では正解であると言ってもいいのかもしれません。
世界の伝説というのも色々とあって興味深いものです。
こうした話を探してみるのも面白いかもしれませんね。

スポンサードリンク

 - 雑学

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ミサンガの意味とはどんなものか|役立ち情報ナビ
ミサンガの意味とはどんなものか

ミサンガというものがありますが、これがまたまだまだ根強い人気を誇っています。 様 …

カメムシ
カメムシは自分の臭いで気絶する

カメムシの臭いって強烈ですよね。 先日、自分はカメムシを意図せず触ってしまい、手 …

読書の秋といわれる理由について|役立ち情報ナビ
読書の秋といわれる理由について

秋になったら色々とやりたくなると思いますが、こうした時期にこそぜひとも本を読みた …

民家|役立ち情報ナビ
民泊とは?トラブルや問題点も

スポンサーリンク 近年、宿泊施設の不足に伴い、民泊が規制緩和される動きになってき …

ハトが平和の象徴と呼ばれるのは何故か|役立ち情報ナビ
ハトが平和の象徴と呼ばれるのは何故か

ハトは平和のシンボルと呼ばれる存在です。 そして、平和のシンボルとして用いられて …

黄桃と白桃の違い|役立ち情報ナビ
黄桃と白桃の違い

黄桃と白桃の違いについてご存じの方は少ないのではないでしょうか。 普段からよく桃 …

すき焼き
すき焼き関東と関西の違い

スポンサーリンク 冬になるとよく食べるすき焼きですが、関東と関西では味付けと調理 …

粒あん/粒あんとこしあん、違いや人気|役立ち情報ナビ
粒あんとこしあん、違いや人気

あんこはとてもおいしいものです。 そして、このあんこには、粒あんとこしあんの2種 …

境内という言葉が持つ意味とは|役立ち情報ナビ
境内という言葉が持つ意味とは

子供のころには良く神社やお寺などに遊びに行った人も多いと思います。 その時、何も …

塩大福
塩大福とは

塩大福の歴史 塩大福というのは、元々江戸時代の初期に、でてきたうずら持ちを177 …