役立ち情報ナビ

役立つ情報たくさんあります!

すき焼き関東と関西の違い

      2016/09/18

スポンサーリンク



冬になるとよく食べるすき焼きですが、関東と関西では味付けと調理方法が違います。
今日はその違いについてお話ししていきます。

関東のすき焼きの起源


すき焼き

関東のすき焼きというのは、江戸時代の末期に牛鍋として食べられていたのが始まりです。
その後、1923年の関東大震災をきっかけに、牛鍋屋が大災害で少なくなり、関西のすき焼きが関東にも出回ってきて、現在の関東のすき焼きが誕生しています。
関東のすき焼きは、割りしたを使った関東風すき焼きが主流となり、現在のすき焼きとなっています。

関西のすき焼きの起源


関西のすき焼きは、関東が牛鍋の時代からすでにすき焼きとして食べられていました。
関東と関西で別のすき焼きと呼ばれているのは、そもそもの始まりが関西は、牛肉を焼いて最初に食べてから野菜などを食べるのが本来の食べ方で、関東では、牛肉と野菜を一緒に入れて、味付けをして煮込んで食べるのが本来の食べ方でした。
同じ牛を使った鍋という点では一緒ですが、調理法が全く違います。

スポンサーリンク


関東と関西のすき焼きの違い


関東のすき焼きは、醤油・みりん・料理酒・砂糖・水を合わせた割したというものを煮込んでから、牛肉と野菜を一緒に入れて、煮込んでいきます。
最後に差し水をして完成です。

その点、関西のすき焼きは、最初に肉を入れてから醤油・砂糖で味付けをします。
その後、野菜を入れて、酒と水で調整します。

食べ方は、最初に肉を食べてからネギや豆腐にシラタキを入れて野菜などを食べていきます。
このように、関西のすき焼きが、関東の牛鍋とミックスされて関東独自のすき焼きが出来上がっています。
同じすき焼きでも、関西のすき焼きと関東のすき焼きでは、まったく作り方も食べ方も違っています。
簡単に言うと、関西風すき焼きは割りしたを使わないすき焼きで、関東風すき焼きは割りしたを使ったすき焼きと言えます。
関東風すき焼きは、醤油味が結構濃いのが特徴です。

九州では、どちらかというと関西のすき焼きを好んで食べている人が多いです。
東京などで食べるすき焼きはほとんどが関東風すき焼きの作り方で食べることが多いのですが、店によっては関西風すき焼きを出すところもあります。

一般的に多いのが西日本では、最初に肉を焼いてから、野菜を入れていく関西風すき焼きを好んで作る家庭が多く、東日本では、割りしたを使って、最初から牛肉と野菜を一緒に入れてから煮込んで食べる家庭が多いように見受けられます。
どちらも食べたことはありますが、関西風すき焼きには関西の良さがあり、関東風すき焼きには関東のよさがあります。
どちらとも、美味しく食べることができます。

 - 雑学

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

粒あん/粒あんとこしあん、違いや人気|役立ち情報ナビ
粒あんとこしあん、違いや人気

あんこはとてもおいしいものです。 そして、このあんこには、粒あんとこしあんの2種 …

ƒvƒŠƒ“ƒg
ウナギ価格上昇何故?ウナギの減少理由と完全養殖

ウナギの価格が年々上昇してきています。 私のようなウナギ好きの人間にとっては、今 …

ノーベル賞日本人候補2015|役立ち情報ナビ
ノーベル賞日本人候補2015

毎年10月はノーベル賞の各賞受賞者が発表されます。 世界のトップレベルの研究者だ …

鷲/日本の珍名字、天気・動物にまつわる珍名|役立ち情報ナビ
日本の珍名字、天気・動物にまつわる珍名

日本には実に10万以上の名字が存在すると言われています。 これだけ多くの名字があ …

読書の秋といわれる理由について|役立ち情報ナビ
読書の秋といわれる理由について

秋になったら色々とやりたくなると思いますが、こうした時期にこそぜひとも本を読みた …

金太郎は足柄出身?由来・伝説は?|役立ち情報ナビ
金太郎は足柄出身?由来・伝説は?

スポンサードリンク 皆さんは「金太郎」をご存じでしょうか? 「当たり前だ!」と言 …

十円玉
ギザ十とは

スポンサーリンク 皆さんは「ギザ十」という言葉を聞いたことがあるでしょうか? 昔 …

台風とハリケーンの違いとは?|役立ち情報ナビ
台風とハリケーンの違いとは?

日本における夏の風物詩と言えば花火が代表的ですが、この時期に必ずと言って良いほど …

芥川賞と直木賞いつ賞金
芥川賞直木賞発表いつで中継は?賞金は?

スポンサーリンク 発表の度に話題になる芥川賞と直木賞。 どちらも大きな文学賞です …

書き初め
書き初めとは?Web書道も人気

スポンサーリンク お正月になると書き初めを目にすることは多いのではないでしょうか …