役立ち情報ナビ

役立つ情報たくさんあります!

金太郎は足柄出身?由来・伝説は?

      2016/09/18

スポンサードリンク



皆さんは「金太郎」をご存じでしょうか?
「当たり前だ!」と言われてしまいそうですが、そうです。
桃太郎、浦島太郎と並ぶあの童話の「金太郎」です。

いつもまさかりを担げるくらいの力持ちの金太郎が、神奈川県の南足柄市の山奥で、熊と相撲取ったりして過ごしていた、というお話が一般的に認識されています。
主人公の金太郎は、強く、そして心の優しい男性の象徴して描かれています。
神奈川県の足柄市も、地域活性のため「金太郎のふる里」としてアピールしていますね。

では、実際、金太郎の童話は何が由来になっているのか、どのようなものなのか、調べてみたいと思います。

金太郎の由来・伝説


金太郎は足柄出身?由来・伝説は?|役立ち情報ナビ

童話の金太郎の話ですが、足柄山で熊と相撲をとり、それに勝ってしまうほどの強者で、最後は「偉い人に仕えて、悪い奴をたくさん退治しました」といった具合に締められています。

金太郎の話は、実際の人やストーリー、そして架空の人(生き物)とストーリーがリンクしており、現実とフィクションがかなりごちゃまぜになっているようなので、整理してお話したいと思います。

まず、モチーフとなったのは「坂田金時」という人物です。この人は実在した人で、幼少期は「金太郎」と呼ばれていたそうです。

西暦976年に源頼光と出会い、力量を認められ、部下になったそうです。
ですので、童話の「偉い人」は源頼光のことである可能性が高いです。

源頼光の部下は、金時の他に3人おり、その4人の部下は四天王と言われていました。
坂田金時同様、他の3人も実在する人物とのことです。

そして、その後なのですが、源頼光とその4人の部下で、大江山に住む鬼「酒呑童子」を退治したと言われています。
鬼は実在しないと思われますので、この部分に関しては現実でなく、伝説なのでしょう。
そして、最後は55才で病気で他界する、という話として残されています。

スポンサードリンク



金太郎の母親


また、金太郎(金時)の母親に関しても、伝説が語られています。
坂田金時が実在したということは、当然母親も実在したことになります。
金時の母親とされるのが、遊女や役者をしていたと言われる「八重桐」という女性で、この女性と坂田蔵人が結ばれ、生まれたのが金時とされています。

坂田蔵人はとある理由から切腹をしてしまうのですが、その時に「死んでも八重桐の中に宿り、強い男の子として生まれてやる」と言ったらしい。
そして、夫の死後、八重桐に強い力が宿り、とても強い力を持った金太郎が生まれたとも言われています。

その強い力をもった八重桐が、「ヤマンバ」のモデルとなったとも言われているんです。

金太郎伝説は、どこまでが本当なのか未だに不明なところが多い話なんですよね。

スポンサードリンク

 - 雑学

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ガマ
ガマの油とは。効能に油売りの口上

ガマの油の効能 ガマの油の由来は、江戸時代に傷薬の軟膏として広く言い伝えられてき …

塩大福
塩大福とは

塩大福の歴史 塩大福というのは、元々江戸時代の初期に、でてきたうずら持ちを177 …

ハトが平和の象徴と呼ばれるのは何故か|役立ち情報ナビ
ハトが平和の象徴と呼ばれるのは何故か

ハトは平和のシンボルと呼ばれる存在です。 そして、平和のシンボルとして用いられて …

湯葉の作り方|役立ち情報ナビ
湯葉の作り方

皆さんは湯葉はお好きでしょうか? 湯葉は、ご存じの方も多いと思いますが、豆乳を温 …

十円玉
ギザ十とは

スポンサーリンク 皆さんは「ギザ十」という言葉を聞いたことがあるでしょうか? 昔 …

ノーベル賞日本人候補2015|役立ち情報ナビ
ノーベル賞日本人候補2015

毎年10月はノーベル賞の各賞受賞者が発表されます。 世界のトップレベルの研究者だ …

どうして食欲の秋と呼ばれるの?|役立ち情報ナビ
どうして食欲の秋と呼ばれるの?

何でもおいしいから、食事の量もついつい増えてしまうこともあるでしょう。 こうした …

パスタとスパゲッティの違いは?/役立ち情報ナビ
パスタとスパゲッティの違いは?

パスタとスパゲッティの違いで迷った経験のある方は多いのではないでしょうか。 レス …

喫茶店とカフェの違い|役立ち情報ナビ
喫茶店とカフェの違い

皆さんは「喫茶店」と「カフェ」の違いで迷ったことはありませんか? なんとなくのイ …

読書の秋といわれる理由について|役立ち情報ナビ
読書の秋といわれる理由について

秋になったら色々とやりたくなると思いますが、こうした時期にこそぜひとも本を読みた …