役立ち情報ナビ

役立つ情報たくさんあります!

静電気除去の方法

      2016/09/18

スポンサードリンク


静電気は、本当に嫌なものです。
静電気の除去ができれば、毎回ビリッと来るようなことはありませんが、静電気除去はできるのでしょうか。

静電気の原因


静電気除去方法|役立ち情報ナビ

静電気は基本的に冬場に多く発生します。
その要因は乾燥です。
乾燥している時によく静電気は発生します。
乾燥しないようにすれば静電気は発生しにくいということです。

肌でも髪の毛でも潤いを持たせることで、ほとんど静電気が発生したとしても自然放電しやすいためビリッといった静電気を感じにくいということです。
静電気が発生しやすい人は、皮膚や髪の毛に、潤いを持たせるようなクリームなどを濡れ場大分軽減されます。
よく車に触れた時に静電気が発生する時がありますが、この場合は、シートに座ったり立ったりした時に、シートに背中を擦りつけますので、その時に摩擦が起こります。
その摩擦は夏場であれば湿度が高くて、放電されますので静電気は感じませんが、冬場の乾燥している時であれば、鍵穴に鍵を差し込んだりした時にビリッと感じます。

スポンサードリンク



静電気除去対策


車の静電気除去には、触る時に車の金属部分を一旦触ることで体内に不足しているマイナス電流を補って、静電気が発生しにくくなります。
車の静電気でいつも鍵を差し込んだ時に、よく静電気が発生していましたが、乗る前に一旦車のボディーを触ってから乗り込むようにすると、静電気が全くなくなったというものではありませんが、今までより、静電気が発生する回数が極端に減りました。
これは、ボディーを触ることで体にマイナス電流を取り込んでいることになります。

静電気は人と人が触れたときや、物体に触れた時によく発生します。
この場合、乾燥しないようにクリームなどの保湿クリームなどをまめに塗る習慣をつけることが大事だということです。
車の場合は、間違いなく金属部分を触ることでマイナス電流が体内に入り中和されるため静電気が起こりにくくなるということが分かりました。

まとめ


私の個人的には、冬場の静電気対策は、いままでなにもしていなかったので静電気が出放題だったということです。
そうならない為にも、毎日静電気対策を心がけておかないといけないということです。
ただ、直ぐに忘れてしまいますので、私の場合は、静電気対策グッズを現在利用するようにしています。
静電気除去グッズを手にすることで、静電気を意識することに気を使うようになりました。
なによりも、意識を持つことが一番大事なことです。

スポンサードリンク

 - 生活

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

光脱毛とレーザー脱毛の違いは?|役立ち情報ナビ
光脱毛とレーザー脱毛の違いは?

光脱毛とレーザー脱毛の違いについて疑問を感じた経験はありませんか? 同じ脱毛なの …

お風呂のカビ対策に効果的な方法とは?|役立ち情報ナビ
お風呂のカビ対策に効果的な方法とは?

お風呂のカビ対策には湿気を取るのが一番、と一般的に言われていますが、マメに掃除す …

食中毒予防|役立ち情報ナビ
食中毒の予防

たまにニュースで、学校などで集団食中毒が起こった事件が流れますよね。 皆、気をつ …

深い睡眠をとるために知っておきたいこと|役立ち情報ナビ
深い睡眠をとるために知っておきたいこと

疲れをとるためには睡眠を深くとることが大切です。 ここでは、睡眠を深くとるために …

駐車場での当て逃げ/役立ち情報ナビ
駐車場で当て逃げにあったら

車を止める駐車場。 止めているから駐車場は安全かというと、そうでもありません。 …

日傘を使用する男性が増加中|役立ち情報ナビ
日傘を使用する男性が増加中

夏場の暑い日に日傘をさして移動する女性は少なくありません。 しかし、近年では男性 …

シロアリ
知らないうちに家をむしばむシロアリを駆除!

害虫駆除の中でも意外と依頼が少なく、気づかないうちに家の中をむしばんでいる害虫が …

雪道歩き方
【動画】雪道の滑らない転ばない歩き方そのコツとは

スポンサーリンク 冬になって雪が積もると、歩き方に慣れていないと転んでしまったり …

台風の対策はしっかりとしておこう|役立ち情報ナビ
台風の対策しっかりしておこう

台風シーズンになると強風や大雨などに見舞われることも珍しくありません。特に台風の …

赤ちゃん用の歯ブラシの選び方|役立ち情報ナビ
赤ちゃん用の歯ブラシの選び方

赤ちゃんは自分で歯磨きすることができませんから、お母さんが代わりにやってあげない …